聖☆お兄さん


最近の漫画喫茶はだいたいカラオケもできる。ということでカラオケしたさに満喫行ったんですが、漫画もけっこう読みました。
今日紹介するのは「聖☆お兄さん」。仏教の神ブッダとキリスト教の神イエスがバカンスで下界に来ているという話です。


この二人の日常をのんびりとした感じで書いているのですが、神ということで下界人には考えられない神あるあるの話がもりだくさんです。
そして、神の二人にとっては下界でのあたりまえの出来事に驚いたり、勘違いして理解したりとまるで海外に来たときのカルチャーショックのような話にも笑えます。
また、この二人を囲むキャラクターたちも、下界の下町の日本人から数々の有名な神まで斬新なキャラ設定で描かれています。
イエスが意外とネットオタクで有名なブロガーだったり、ブッダは天界では大人気の漫画家というようなちょっとありえないような、でもなんだか身近に感じる雰囲気。
もちろん歴史的なことや宗教的なことを基に書かれているので、そういうところに詳しければもっとおもしろいのかもしれませんが、まったく知らなくても新しい世界観として楽しめると思います。
思わずふっとふきだしてしまう、のんびり気軽に読める漫画です。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。