結納って必要なのか?


都市部ではもはや3割程度のカップルしか行わないとされる結納。それもかなり簡略化されたものが多く、昔ながらの仲人を立てるような結納は本当に稀だろう。

この婚約の儀である結納、交通網の発達で遠距離恋愛が普通になった現代だからこそ、多くの問題を引き起こしている。

それは新郎・新婦両家の価値観の違いから生まれる不信感だ。

そもそも結納とは何か?という本質的な問いからして両家で価値観を異にすることが多い。

地域性が高く決まった答えのない結納だからこそ、日本文化を守るという意味でも公の指針があっていいと思うのだが。

この記事は未分類に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。